ショールーミングとは正反対な思想のO2O

O2Oの活用法

Online to Offlineという言葉は、ビジネスマーケティングとしても良く耳にする言葉です。近年ではO2Oと呼ばれ、さまざまなビジネスで利用されています。
最近では多くの人がインターネットの情報を参考にして、実際に商品を購入する手助けにしています。そのためオンラインでの宣伝活動やコマーシャルはリアル店舗での売上アップにもつながっています。以前はそれほどつながりがないとされていましたが、現在では情報収集のみインターネットで行って購入は実店舗で行う層が増えていることが要因です。O2Oを利用することで、かなりスムーズに売上を高くすることができます。
マーケティング戦略としてインターネットを活用した広告を取り入れることは、販売会社にとってメリットも大きくなります。オンライン広告は実際に広告を印刷するよりも安く住むこともあります。アクセスがあった分だけ広告料を支払えば良いようなケースもあるので、宣伝効果が目で見てわかることも魅力のひとつです。
アクセスが数値化されているので、見ている人と実際の購買者の差なども知ることができます。もちろんネットだけでなくメールなどを使ったマーケティングもO2Oのひとつです。

今話題のO2Oとは?

マーケティングとは、商品が売れるように市場調査を行い製造、販売を行うための宣伝行動など、企業の戦略と言っても過言ではない用語です。昨今ではインターネットの普及により、日本国民のほとんどがスマートフォンを持ち歩く時代となりました。その結果私たちの消費行動も変化しており、特にネットからの影響が大きく出ている状態となっています。
そんな状況に合わせ、「O2O」という新たなマーケティング施策が生まれたのですが、O2Oとはどういう意味なのでしょうか?O2Oとは「Online to Offline」の略であり、ネット上つまり「オンライン」で得た情報などが、ネットの外つまり「オフライン」での消費行動に影響があることに着目し、リアルでの消費行動を促す施策や戦略のことを指します。
最も身近なもので例えると、ネット上のクーポンなどが代表的でしょう。オンライン上で配布されたクーポンを実店舗に持っていき、見せることで割引などのサービスを受けることが出来るなどですね。元々このO2Oとは、実店舗で商品を厳選し、ネット上で安く購入するという「ショールーミング」という方策とは真逆の方向性で生まれ、ショールーミングによる実店舗の売り上げ減少などを防ぐために行われてきました。O2Oは高い新規顧客獲得の力があることから、ほとんどの店舗や業者などが行っている施策となっています。

recent posts

カテゴリ:オフライン

O2Oの初歩はクーポン

O2Oとオムニチャネルの違いとは? 今やネット社会とも呼ばれるようになった現代、年々EC、つまり電子商取引を利用する方が増え、市場規模もどんどん成長しています。しかし未だに実店舗の市場は大き…

read more

カテゴリ:マーケティング

知識がないならO2Oの専門会社に依頼

O2Oの活用例 効果的なマーケティング活動が出来るという事で、最近では多くの企業に取り入れられているO2Oですが、具体的にどのような活動が行われているのかをご存知でしょうか?そこで今回はO2…

read more

カテゴリ:オフライン

O2Oの効果はアクセス数で簡単に計測できる

O2Oの考え方を導入しよう ここ数年、スマートフォンの普及にともない、わたしたちは以前では考えられないような量の情報を、わざわざ本を開いたりパソコンの前に座ったりしなくても、思い立ったときに…

read more

カテゴリ:ポスター

広範囲に宣伝できるO2O

O2Oとは 皆さんは、O2Oという言葉を聞いたことはありますか?専門ではない人にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、マーケティングの知識がある方であれば聞いたことがある方も多いと思いま…

read more