知識がないならO2Oの専門会社に依頼

O2Oの活用例

効果的なマーケティング活動が出来るという事で、最近では多くの企業に取り入れられているO2Oですが、具体的にどのような活動が行われているのかをご存知でしょうか?そこで今回はO2Oの活用例について書いていきたいと思います。
そもそも、O2Oというのはネットなどのオンラインを通じて、実店舗などのオフラインへ顧客を誘導するマーケティング活動のことを指しており、O2Oを利用したマーケティング活動には必ずネットワークを利用します。その例の1つとして、クーポンなどがあります。食事や買い物をする際に利用したことがある方も多いと思いますが、このクーポンというのはWEBサイトや公式アプリなどで取得することができ、店舗で使用すれば割引をしてもらえるサービスのことです。このクーポンのようなネット上で獲得したものが要因となって、実店舗での購買に繋がっているようなものをO2Oと言うのです。
その他の活用例としてはSNSなどが挙げられます。SNSでハッシュタグをつけて投稿することで受けられるサービスや拡散することによって得られるサービスなど、SNSを上手く活用したマーケティング手法もO2Oの一種であると言えるでしょう。

お客さんを呼び込むならO2O

O2Oという言葉をご存知でしょうか。これは「オンラインからオフラインへ」という言葉を略したもので、ビジネス関連でよく用いられています。O2Oの意味としては、オンラインつまりホームページなどでお客さんの購買欲、あるいは消費欲を刺激するような特典などを用意して、実際のお店までお客さんに来てもらうに促す一連のアクションのことです。
特典のわかりやすい例としては、クーポンでしょうか。割引券をもらえば、そのお店に来てくれる可能性が高まりますから、最も身近なO2Oと言えます。しかし、現実的にはクーポンだけでお客さんがお店に来てくれるとは限りません。やみくもに配布しても、そのお店自体に興味が持てなければ足を運んではくれないのです。他にもネットの位置情報サービスを利用して、お店の所在を積極的にアピールするという対策もありますが、こういったことはホームページのアクセス数の解析や位置情報の最適化、ホームページのデザインなど、ウェブ系のビジネスに強くなければO2Oを推し進めることは困難です。もし、ホームページの基礎的な知識すらないという人はO2Oに強い専門会社に相談してみはいかがでしょうか。お店を始めてみたけど、ちっともお客さんが増えない原因はO2O対策をしっかりと取ることによって解決するかも知れませんよ。