O2Oの効果はアクセス数で簡単に計測できる

O2Oの考え方を導入しよう

ここ数年、スマートフォンの普及にともない、わたしたちは以前では考えられないような量の情報を、わざわざ本を開いたりパソコンの前に座ったりしなくても、思い立ったときにいつでもカンタンに、チェックすることができるようになりました。
その社会の変化にともない、「O2O(Online to Offline)」の考え方に基づくマーケティングが日夜活発化しており、今ではSNSを開けば、ありとあらゆる企業から、わたしたちに消費行動をうながす広告が投稿されていることがわかります。
たとえば、「今日の仕事が終わったら何をしようかな」と考えながらSNSを開いたとき、たまに食事をするお店のスペシャルメニューが表示されていたら、急いで友だちを誘って、その店にごはんを食べに行くかもしれません。
あるいは、「最近本屋さんでいちばん売れているマンガ」を誰かが紹介していたら、帰りに本屋さんに立ち寄って、そのマンガを購入するかもしれませんよね。
このように、わたしたちの購買行動と、インターネット上にあるさまざまな情報は、いまや密接に結びついています。
O2Oの考え方を上手に取り入れることができれば、企業やお店の売り上げを大きく増加させることも、決して難しくないかもしれません。

O2O施策を行うメリットとは何か?

O2Oとは「Online To Offline」の略称で、オンラインで行った施策でオフラインでの集客を目指す施策のことです。
O2Oはスマートフォンが普及した現代に広まった施策ですが、このO2Oを行うメリットとはどのようなものなのでしょうか?
まず、古くから一般的な広告の手法であった印刷物を使った施策が必要ないという点です。
今やスマートフォンで誰もがSNSなどで情報を発信でき、検索することで情報を得ることが出来る時代です。
そんなインターネットが普及している現代では、インターネット上で広告を出したり、クーポンなどを発行することで顧客の新規獲得が可能となります。
例えばWeb上やSNSなどでクーポンを発行することで、購買に繋げるといった使い方などが一般的ですね。
また効果測定が非常に安易という面もあります。
自社のサイト上でクーポンを掲載した際、アクセス数とクーポンの発行数を比較し、実際に実店舗で使われたクーポン数などを計測することで、どの程度の効果があったのかなどが容易に計ることが出来るのです。
即効性があるというのも大きなメリットとなります。
インターネット上の情報反映は紙媒体などと比べて非常に早く、反映されれば誰もが閲覧することが出来ます。
今や国民のほとんどの方が所有しているスマートフォンで迅速に反映され、その情報を検索してもらえるのです。