O2Oの初歩はクーポン

O2Oとオムニチャネルの違いとは?

今やネット社会とも呼ばれるようになった現代、年々EC、つまり電子商取引を利用する方が増え、市場規模もどんどん成長しています。しかし未だに実店舗の市場は大きいというのが現実です。そこでこのオンラインとオフラインを繋げた発送がO2Oとなっていました。しかし、そこに新たな「オムニチャネル」という戦略が登場しましたが、O2Oとの違いは何なのでしょうか?
O2Oは言ってしまえば「ネット上からリアルへの誘導」です。これはショールーミングという、リアル店舗をショールームのように扱い、実際に購入するのはネット上…という顧客のリアル離れを防ぐために行われた方策です。そのためネット上でクーポンなどを配り、実店舗に誘導する方策がO2Oということになります。
一方オムニチャネルとはECや実店舗を始めとした全てを同等にし、顧客の一方向への誘導を行わないことで、どのような場所でサービスや商品を購入しても一定の利益が確保出来るという仕組みです。例えばオンラインストアに在庫がなくとも、系列の実店舗などから在庫を回したり、その逆も行うことが出来るような方策です。顧客の利便性を追及することで心をつかむだけでなく、SNSなどオンライン上で自社の宣伝を顧客自身が行ってくれることで、さらに新規顧客の獲得が見込めるというメリットがあるのです。

オンライントゥオフラインとは

Online to Offlineとは、インターネットを使って実店舗での購入を促すマーケティング施策のことです。O2Oという略し方でも知られているこの方法は、想像以上に身近な物となっており、気が付かない間に実店舗に誘導されているという事は少なくありません。
例えば、WEB上でオンラインクーポンを発行し、実店舗で使って貰うというのも、O2Oのひとつとなります。クーポンの発行の仕方には色々な種類があり、WEBサイト上に常にクーポンを用意していることもあれば、アプリを使って発行をする企業もあります。更に、アプリを使ったO2Oの場合、実店舗を利用する度にポイントや特典が付与されるというものもあります。これらのO2Oの特徴は、利用をする側にも大きなメリットがあることです。
クーポン等で誘導をする以外に、店頭の在庫を確認できるサービスというのも、O2Oのひとつになります。店頭に行けば確実に在庫があることが分かれば、実際に店に足を運ぶきっかけとなります。O2Oに力を入れている企業の中には、アプリを利用すれば手軽に在庫確認ができるだけでなく、お得なクーポンも発行する等、複数のO2Oを組み合わせている企業もあります。