広範囲に宣伝できるO2O

O2Oとは

皆さんは、O2Oという言葉を聞いたことはありますか?専門ではない人にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、マーケティングの知識がある方であれば聞いたことがある方も多いと思います。今回はそんなO2Oとは何なのかについて書いていきたいと思います。
O2Oというのは、Online to Offlineを略した言葉であり、マーケティング用語の1つです。このO2Oは、最近マーケティング業界で注目されており、多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。
では、O2Oは具体的にどのような手法で行っていくのでしょうか?O2Oはオンライン、つまりネット上での宣伝活動を行いオフライン、つまりネット上ではない、店舗などへの購買行動を促すマーケティング活動のことを指しているのです。
このように、O2Oはインターネットが普及した現代社会においてとても重要なマーケティング活動の1つであり、このO2Oを上手く行うことで店舗への流入のアップや売上のアップなど様々な効果をもたらすことが出来ますので、これから店舗への流入や売上などを増やしたい場合は、是非このO2Oを利用してマーケティング活動を行ってみてはいかがでしょうか?

O2Oのメリット

最近、注目されているマーケティング手法の1つにO2Oというものがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか?O2Oというのは、WEBサイトやSNSなどのオンラインを利用して、オフラインである店舗などに顧客を誘導するという意味のマーケティング手法なのですが、なぜこのO2Oが現在こんなにも注目を集めているのでしょうか?そこで今回は、O2Oのメリットについて書いていきたいと思います。
O2Oの最大のメリットとしては、新規の顧客を獲得しやすいという点であると言えます。通常、ネットを利用しないで反響を獲得しようとすると看板やポスターなどを利用した宣伝活動が主になってくるのですが、その方法だと狭いエリアに対してしか効果はなく、既存の顧客などへの宣伝の効果の方が強くなってしまいます。しかしO2Oを利用すれば、ネット上で宣伝活動をする事が出来るので、ポスターや看板などよりもかなり広範囲の新規顧客に対して宣伝活動を行っていくことが出来るので新規反響を獲得しやすくなるのです。
その他のメリットとして、コストパフォーマンスが良いという点もあります。看板やポスターなどは制作費などがかなりかかってきますが、SNSなどを利用したO2Oの場合は、あまりコストをかけることなく宣伝活動を行う事が出来るのです。